戻る

KuronekoServer Twitch翻訳Bot 利用規約
KuronekoServer Twitch翻訳Bot 利用規約(以下「本規約」)は、KuronekoServer運営チーム(以下「運営チーム」)が提供する全てのサービス(以下「本サービス」)の利用条件を定めるものです。
本サービスを利用される方(以下「ユーザー」)は、本規約にしたがって利用していただきます。

第1条(規約の適用)
(1) 本規約はユーザーと運営チームとの間との本サービス利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
(2) 運営チームは、本規約の他に利用条件を定める規約(以下「個別規定」)を定めることがあります。これらの個別規定は、名称に関わらず本規約の一部として構成するものとします。
(3) 個別規定と本規約に差異が生じる場合、特段の定めが無い限り個別規定が優先されます。
(4) Twitchなどのサービス提供先(以下提供先)の利用規約などと本規約が矛盾する場合、提供先の規約が優先されます。

第2条(禁止事項)
ユーザーは、本サービスを利用するにあたり以下の事項をおこなってはならないものとします。

(1) 当サービスの設備を介して、当サービスまたは当組織、及び第三者等が提供するサービスなどの運営を妨害する行為または、これを試みる行為。
(2) 当サービスに割り当てられるIP通信用のグローバルIPアドレスがブラックリスト等に登録されたり、当組織の評価など信用状態が悪化するような利用を行う行為、またはその恐れのある行為。
(3) 当組織設備(ネットワーク設備・サーバ設備)等に故意過失問わず不必要な負荷を掛けて、サービス品質の確保、及び上位事業者様のサービス提供に支障をきたす行為。
(4) 当組織に対して故意的に特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(以下「プロバイダ責任制限法」と言います。)に基づく開示請求の要件に満たすような使用を行う行為、またはそのおそれのある行為。
(5) 外部又は内部からの不正トラフィック(通信)などによりリソースの枯渇を余儀なくし、ユーザー等の正常なトラフィックを妨げる行為。
(6) IP通信網サービスで利用し情報を改ざん、またはそのおそれのある行為。
(7) 本サービスに対し、不正アクセスを行うもしくは、これを試みる行為、有害なコンピュータープログラムを含む情報を送信する行為など。
(8) 日本が定めている法律に違反する行為。
(9) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずるものを意味します。以下同じ。)の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与をする行為。
(10) 当組織の事前の許諾なく、当サービスを再販する行為。
(11) 当組織へプログラムのバグや不具合脆弱性等を不正に利用または悪用する行為。
(12) 前各号に該当し又はそのおそれのある行為を、直接又は間接的に惹起し、又は容易ないしは助長する行為。
(13) 前各号のいずれかに該当し、またはそのおそれのあるサイトへのリンクを掲載する行為。
(14) 提供先の利用規約および、ガイドライン等に違反する行為。
(15) 他のユーザーや運営チーム,KuronekoServerに対しなりすましを行う行為。
(16) 本サービスや運営チーム又はユーザーに対し不利益や損害をあたえる行為。
(17) その他、運営チームが不適切と判断する行為。

第3条(制限等)
当組織がガイドラインに違反、利用規約違反しているのを発見次第サービスの提供禁止を行います。
それによる、不利益を生じた場合でも弊組織ならびに当サービス運営は一切の責任を負いかねます。

第4条(無効)
以下の各号に該当していることが発覚した場合、当組織は利用停止を行いサービスの使用権等を事前予告なく無効にすることができるものとします。

(1) ユーザーが本規約を読んでいないと当サービス運営が判断した場合。
(2) ユーザーが当サービス運営に対して不法行為を用いて強要したりする行為。
(3) ユーザーが弊組織の提供する他サービスで強制解約等になっているユーザーであると当サービス運営が判断した場合。
(4) ユーザーが本規約等に違反していると判断した場合。
(5) その他、当サービス運営が使用権等の付与が適当でないと判断した場合。

第5条(通信ログの保全)
下記の各号に当てはまるような場合は、通信の秘密を保護、及び発信者情報が含まれるログ情報を処分する義務を負わないものとします。

(1) 裁判所等から当組織に対して発信者情報削除禁止処分(ログ保全請求)などのログ保全命令がなされた場合。
(2) 弊組織に対してログ保全の請求があり請求者が提出した通信ログと弊組織設備の情報が一致した場合。
(3) その他、法令に基づく強制力のある処分が行われた場合。

第6条(利用開始及び利用制限)
(1) 本規約は、サーバー管理者がBotの導入もしくは、ユーザーが本サービスが利用されているサーバーに属することで適用されます。
(2) 運営チームは、次に該当する場合本サービスの一部もしくは、全ての利用を制限することができます。
(3) 本規約及び個別規定に違反している場合。
(4) 提供先の利用規約および、ガイドライン等に違反している場合。
(5) その他、運営チームが不適切と判断した場合。

第7条(本サービスの提供終了や中断)
本サービスは、以下のいずれかの理由がある場合本サービスの提供を終了もしくは、一時的に中断することがあります。

(1) 本サービスの提供に必要な設備の保守点検もしくは、修理を行う場合。
(2) サーバー機器のメンテナンス作業を行う場合。
(3) プログラムの更新作業を行う場合。
(4) サーバー機器やプログラムが事故やクラッシュなどにより停止した場合。
(5) 地震や落雷,大雨などの予期せぬ事態の発生による本サービスの運営継続が困難となった場合。
(6) その他、運営チームがサービスの運営継続が困難と判断した場合。

第8条(サービスの変更)
運営チームは、ユーザーに通知することなく本サービスの変更や、サービスの停止を行う場合があります。
運営チームは、サービスの終了や中断ににより、ユーザーまたは第三者に被ったいかなる不利益や損害に対し、一切の責任を負わないものとします。

第9条(保証の否認および免責事項)
(1) 運営チームは、本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性,信頼性,正確性,完全性,有効性,特定の目的への適合性,セキュリティなどに関する欠陥,エラーやバグ,権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。
(2) 運営チームは、本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる不利益に対し、一切の責任を負いません。
(3) 運営チームは、本サービスに関して、ユーザー間や第三者との間に生じた紛争や取引に対し、一切責任を負いません。

第10条(規約の変更)
(1) 運営チームは、ユーザーに事前に通知することなく、本規約及び、個別規定を変更することがあります。
(2) 規約変更後、本サービスを継続利用した場合、新規約に同意したものとします。

第11条(データの取り扱い)
運営チームは、本サービスの利用に際して得たデータは、「KuronekoServer VRChat Video System サービス プライバシーポリシー」に従い管理するものとします。
ただし、刑事訴訟法218条(令状による捜索)に基づく強制処分、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限および発信者情報の開示に関する法律に基づく開示請求の要件が充足された場合はこの限りでありません。

第12条(準拠法・裁判管轄)
(1) 本規約の解釈においては、日本法を準拠法とします
(2) 本サービスに関して紛争が生じた場合には、佐賀地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

最終更新: 2024/01/31